<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
イタチ(BlogPet)
きょうカイぼんはイタチもリニューアルしなかった。
だけど、かそーどは商品っぽい一段落しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「カイぼん」が書きました。

* 10:20 * comments(2) * - *
闘病の終わり…

?


6/19 たぶん夕方位に、快が亡くなりました…。

享年1才6ヶ月でした。



静かに動かなくなった体を、濡れタオルできれいに拭いて、

耳掃除と爪きりをしてあげました。

しばらく実感がわかず、いつものように抱っこして

「今日は冷たいね」なんて語りかけていました。



今は(6/20 3:35am)、ハサミで口部分を大きく切った

ティッシュケースのなかで、静かに、静かに眠っています。

ちょっと声をかけたら、眠そうな顔をして起きてきそうな雰囲気です。

ただ違うのは、熱をもって真っ赤だった肉球が、不思議なほど真っ白になっていること。

触れた体がとても冷たいこと…。



19日は仕事を休んで、たいがい家に居ました。

それなのに、快を看取ることが出来ませんでした…。

ちょっとしんどくなったので、仮眠をしている間に、

誰にも何も告げず、快はひっそりと旅立ってしまいました。



ハンモックに登ろうとして、そのまま力尽きてしまったのでしょう。

ハルリンの体に上半身を添わせ、下半身はハンモックから垂らした

状態で亡くなっていました。



何で気づいてやれなかったんだろう。

せめて、最後の挨拶を生きているうちにしてあげたかった。

ずっとそばにいたのに…。



後悔ばかりが、頭をよぎります。



でも、こんな飼い主の下でも、快は本当に頑張った。

病状がハッキリ出てくる前から、きっと調子は悪かったと思います。

そう考えると、およそ6ヶ月の闘病。

私が、快の病状の深刻さに気づくのが遅かったばかりに、

受けることが出来る治療もさせてあげる事が出来なかった。

声には出さなかったけれど、きっと痛かったろう、苦しかったろう。

不甲斐ないかぁちゃんでごめんね…。



空に上ったら、沢山の優しいお友達が迎えてくれるから、

ビビリーをなおして、今まで遊べなかった分を取り戻すくらい、

一杯遊んで、おいたして、転げまわって…。

イタチらしい日々を送ってね。

もう、痛いことも苦しい事もないから。



そんな楽しい毎日を送らせてあげられなくて、ごめんね、快。

そして、沢山の可愛らしい仕草、ぬくもりをくれて、ありがとう。








うっとり快ぼん


05/08/22 快、初めての夏。ちょっと乙女チックな快ぼん…。

携帯の待ちうけにしています。






-----
* 03:42 * comments(0) * trackbacks(0) *
生きて欲しい
今週頭(12日)位から、快の調子が思わしくありません。



16日の早朝に、ふと水を飲む音で目が覚め、ケージを覗き込んだら

目に一杯の涙をためて、一生懸命お水を飲む快が居ました…。

痛いのかな?苦しいのかな?

…快は何も語ってはくれません。



大好きな食べ物(と言っても、変な匂いのサプリメントとか)や

おもちゃ(じゃないけど、カミカミしたいラバーブラシとか)を

見せると大きな目を輝かせてくれる事には変化は無いのですが、

おなかの調子を崩しているのです…。

ここ数日、ビービーです(ノ_・。)

(そして、飼い主も胃腸系やられていて、しんどかったり)



食欲はしっかりあるのに、全く体重が増えないこの数ヶ月。

久しぶりの下痢で、更に体重や体力が落ちたりしないか、すごく心配です。



うちの母は快の様子を見るたびに、

『…どうして生きているのか、不思議…』と、よく言います…。

そして

『かわいそうに』

と。



食欲はあるのに全く太らない、後足がおぼつかない、殆ど寝たきり…。



言いたい事、確かにごもっとも。

だからといってそんなこと言わないで欲しい。

私だって、好んで快をそんな状況に置いているのではないのだから。



私が、一応(かなり曖昧)職場復帰したので、夜の放牧時(8時頃)

に不在にしている罪悪感から、余計言って欲しく無いのかもしれません。

病気に伏せっている子がいるなら、その子に併せるべきなんでしょうしね…。



この半年ほど。

仕事を休んでいた間(気が向いたらお話します)ハル、リン、カイの事を

自分なりに観察し、そしてケア(特に快)をしてきました。

それは両親他、人に評価して貰えるほどの内容ではないと思います。



ただ、今の快に望むのは、『生きて欲しい。』

そして、その希望について、否定的なことは今は言わないで欲しい。



何が動物にとっていい事で、何が余計な事なのか、未熟者の私にはさっぱり分かりません。



でも、明らかに否定的な言葉は投げかけないで欲しい。



懸命に生きている命を否定するような事は言わないで欲しい。



たとえ、最後の決断が私の手中にあっても。



-----
* 07:37 * comments(0) * trackbacks(0) *
それでも登る男
快ぼんは、いつも2つ吊ってあるハンモックのうちの1つで寝ています。

大変だろうに、一生懸命登っています。



本当はですね、快が辛くない様にケージの床にも寝床を作っているんです。

でも、いつの日からか、そこでは眠らなくなりました。



最初は「快ぼん回復してる!?」って喜んだもんです。



でもねでもね。理由は全く違ったんですよ。



床に敷いた、もぐれるハンモックで寝ていた頃は、今に比べたら

十分に足腰もしっかりしていて、トイレに行くことが出来たんです。

しかーし、やつは粗相代魔王!!

ケージ内はおろか、絨毯などのやわらかい所でも、隅っこじゃなくても

普通に用を足してくれはります(涙)



で、いつしか面倒くさくなったんでしょうね。

トイレではなく寝床から出てすぐの所で用を足すようになったんです。



もちろん、寝床も被害にあうわけで…。

それ以来、頑張って、四苦八苦してでも上のハンモックに

登るようになったんです。



いや、汚れた寝床で寝たくない気持ちは十分に分かりますよ!

でもでも、だからと言って、それはないでしょお(T^T)クゥー



で、殆どつぶれたクッションをケージに入れてみたら、

みごと「トイレに行きやすそうなレイアウト」になったんです!

これならどうだーと思ったけど…けど…。



一度ついた癖は治らないようです…。



かぁちゃんは、夜な夜な起きてケージの拭き掃除しています…。



ま、まぁ、快が元気でいてくれるならいいさっ!!(←強がり)

-----
* 03:19 * comments(0) * trackbacks(0) *
疑問
カイが生まれて、約1才4ヶ月になりました。



今更ながらですが、カイの病気について疑問が沸々と…。



「本当に、リンパ腫なのか?」



1才ちょっとで体調を崩し(多分もっと前から)、今まで

生きてくれた事を嬉しく思っているのですが、どこが悪い

と言うことは全く分からずに今に至っています。



若年性のリンパ腫の場合、急死することが多いと聞きます。

実際人間でも、若ければ若いほど癌の進行が早く、余命が少ないと考えられています。



カイは、明らかに調子を崩してから3ヶ月強の間、

殆ど苦痛もなく生きていてくれています。

その事には、本当に感謝する日々ですが、進行性の病気と考えるには

ちょっと問題があるんじゃないか?と思い始めています。



大事なのは、

「何の病気か?」より、

「何をしてあげられるのか?」

だとは分かっているのですが、

手も足も出ない状況で、悩みが尽きません。



さしあたり、バリアフリーな環境を整えてあげる事が

先決だと思うのですが、アイディアが浮かばずもやもやしています。



はたして、何をしてあげられるのでしょうか…。

-----
* 04:18 * comments(0) * trackbacks(0) *
いよいよ…
快ぼん、歩けなくなってきています。

麻痺とかではないのだと思いますが、ほとんど後肢に力を入れる事が出来ません。



頑張って歩いていても、姿勢が維持出来ずに転んだり、へたれてしまいます。



一番大変なのはトイレです。前足はともかく、後肢をまたいで

トイレの中に入れない。入れても用を足した後に

踏ん張り切れずに転げてしまうなどで、すっかり「そこかしこ」に

してくれるようになってしまいました…。



そんなわけで、汚れにくい様に、新聞紙ガード強化中です。



本人ですが、汚すとやはり気持ち悪いのか、ケージをガリガリやって教えてくれます…。

夜中だろうが、早朝だろうが「汚れたので取り替えたまえ」と…(-_ゞ



だるそうにしていますが、痛いとか苦しいとかは無いみたいなので、それだけが救いかな…と思う今日この頃…。

-----
* 17:17 * comments(0) * trackbacks(0) *
それでもかわいい♪
闘病記でおなじみ?の快ぼん。

母の友人Aさんに「目がこぼれそう」と言われるほど

目が大きくて、ハトが豆鉄砲食らったようなトボけた顔してます(笑)。

実際「ぼー」っとしていて、なされるがままの快ぼん。



でも、とぼけた顔とは正反対に、いぢわるだったりします。



例えば…



・水を飲んでいるときにハルリンも一緒に飲もうとすると、

 「じゃまー」とばかりに、顔を使って「ぐぃー」と

 ハルリンの顔を押しのける(自分が満足するまでやる)。



・ご飯を食べているとき。お皿が広口なので、別に邪魔にはならないのに、 ハルリンが食べようとすると顔で「ぐぃー」と押しのけて邪魔をする。

 更に頑張ってハルリンが食べようとすると、首を伸ばしてハルリンの

 ベストポジションを占領してご飯を食べ続ける。



さすが生き物、食に関しては譲れないものがあるようです(笑)



普段は物凄くとろいし、ビビリーで「野性だったら生きていけないなぁ」

と思うほどなのですが、食餌のペースを崩されるのは耐えられないみたいです。



昨日も、ハルを相手にご飯を占領していました(笑)

ハルさんも負けじと、快の首の下にもぐりこんでご飯を食べていましたが、

途中で根負けしたらしく、しばらく我慢していました(ごめんね)



それにしても、人間で意地が悪いのは見ていて不愉快ですが、

どうして動物だと愛嬌の1つに思えてしまうんでしょうね(*^m^*)

最近になって、この「いぢわる快ぼん」が復活したので、

余計にかわいく見えて仕方がありません。



うーん、オヤバカだなぁ〜ヽ(´▽`;)ノ

-----
* 03:32 * comments(0) * trackbacks(0) *
にっくきは…(`ヘ´)
私ぃ〜(T∀T)

まぁ、それは…後ほど(ノ_・。)



今日は通院日。

今の快の目標は、「体力回復!!」なので、見た目の状態の観察、触診、

そして脱水対策(含レメディ)の輸液が一通りのスケジュールです。

今日はエコーもとってもらいました。



前AH(Animal Hospital)で処方してもらっていた薬は

・「消化酵素+下痢止め+胃の緩和剤」

・「抗生物質」

・「ステロイド (通常の1/4量)」

でした。



で、院長先生としては、やはりステロイドの存在が気にかかったらしく、

今回のエコーは、ステロイドの影響を診るのが目的のようでした。

(だって、私ですら「ステロイド」と聞いただけで「え゛…」だったのですから)



したらば!

やっぱり影響が出ていました(涙)

程度は軽いものの、ステロイド性の肝肥大…。



とは言え、ようやく傍目に見ても「随分元気になった、目に力がある

という状況なので、迂闊にステロイドを切るわけにはいきません。

(それだけ、生体への影響が大きいって事ですよね。人でも明らか。)



なので、徐々にステロイドを減らしていく方法を教えてもらいました。

メモも兼ねて書きますね。



・まず、ステロイドの処方量を、今までの半分にする。

・体調を見ながら、半量での処方を1週間ほど続ける。

・それでも、明らかな体調悪化が見られなければ、

 半量処方を1日おきに続ける。(ココまでで約2週間)

・その後は、先生と相談し、少しずつ間隔をあけていき、

 最後には0の状態にする。




…ふぅぅううう〜(@。@;)



ただ、前AHから処方して貰った薬がそこをついているので、

新たに同じ処方で調整してくださいとお願いしたところ、

西洋薬ではなくレメディの数が増えました(爆)



新たな、快のレメディスケジュール

・1日1回。朝、、に飲ませるレメディ。

・1日1回。3滴飲ませるレメディ。

・1日1回。5滴飲ませるレメディ(味噌臭い)。

・1日かけて、なるべく長いインターバルで飲ませるレメディ。

・月曜・木曜のみ。夜に飲ませるレメディ。

・1日1回。アガリクス(アガリクスについては、その内何か書こうかと。)

・体重が増えないので、体に負担の少ない療養食を、1日数回。

(ナルヘソシリーズは、先生ご自身が「相談したら良いのありますよ」と。)



なんか、前より忙しく、複雑になっちゃいましたんヾ(@□@;)ノ

…自分が不安だ…(-_-;)



そうそう、タイトルの「にっくき…」ですが。

先に述べたとおり、今回も輸液をしたのです。

先にエコーを撮るとの事と、電話が来たので少し外にいたのですが、

戻ったら、どちらも終わっていて、快を受け取りキャリーに入れました。

…ら。

ガタンッ!

びっくりして振り返ってみたら、快がご飯入れを叩いた様子(^^;;;

キャリーを覗き込むと…そこには思いっきり目を吊り上げた快の姿が…。

キャリーから出して、抱っこしながら

「かいーどうしたのー?」と声をかければかけるほど、

目が吊りあがっていく…(T△T)




院長先生はだいすき!

でも、ココに連れてくる私はにっくき存在!

そんな目をしてました(汗)



バイトでご機嫌取ったら、すぐに忘れちゃいましたけどねヾ(^^;ゞ



この先何回、快に睨まれるのかしらん…orz

-----
* 23:31 * comments(0) * trackbacks(0) *
をををぅ♪
3/15日に手術するか…てな事を書きましたが。



そんな事を話したからでしょうか?ちょっと快ぼんがんばった♪



と言うのも…。



その話をした翌日、ケージを覗いて見たら、なんと

ケージ中段位に吊ってあるハンモックに、快の姿があったのですヾ(*T▽T*)ノ



うれしくなって、そそくさと流動食を用意して食べさせました。

が…、あまりにソワソワ動き回るので「トイレかな?」と思ってケージに

入れたところ、えれれ〜とハンモックの上にお戻しになられてしまいました(涙)



それはそれでしょうがないので、軽く吐瀉物をふき取ってから床においてあった

汚れたハンモックを取り出してみたら…!



な、なんとウンチの片鱗がヾ(@□@;)ノ



そうか!カイくん、私には分かったぞ!!



汚れたハンモックで寝たくないから、頑張って上に登っているのだね!(涙)



ま、まぁいいさ。洗えばすむこと。



でも、ハルリンと一緒に同じハンモックで寝ている快の顔…。

とても、安心しているように見えます。

やっぱり、皆一緒がいいんだよね?



…リンパ腫は伝染性がある…とは言っても、ケージを分けても

同じ部屋なら、やっぱり皆一緒にいさせてあげたい!と改めて思いました。



ケージの上り下りは見ていて多少不安になりますが、

快がしたいのなら、そうさせてあげましょう。

幸せな時間は、多ければ多いほどいい。



そんな事を、ふと思ってしまいました。

-----
* 03:29 * comments(0) * trackbacks(0) *
手術をするか否かの選択肢


日記にしようかな?と思ったのですが、快ぼんの病状から

その様な話題が持ち上がったので、「闘病記」にしました。



手術をするかどうか?と言う選択肢を迫られる事は、

ペットに限らず、人間にもあると思います。



幸い私は、2度も交通事故にあったものの、手術ではなく静養のみ

(いや、鞭打ちなんで、未だに首が痛いのですが(-_-;)で済んだのですが、

病気の場合はどうでしょう?

数%に満たない可能性を受け入れるか、受け入れないか…。



昨日、快に流動食を食べさせている際に、母に

「快(ぼん)、手術した方が良いんじゃない?」

と言われました。



私が「今、手術したら死んじゃうよ!」と言ったら、

「どのみち死んじゃうなら、早く楽にしてあげた方がいいよ」と。

ぬれねずみのように、細く、毛並みもぼさぼさの快を見てそう言いました。



もちろん、母なりの快への愛情から来る言葉です。

ある意味、一番快を可愛がっていたのは、ほかならぬ母です。

勝手に「ぼん」と名付けて、「ぼーんちゃーん♪」と言いながら

くちゃくちゃいじくりまわしていたのが、つい先日の事だなんて…。

その母が、金銭的なことはさておき「手術」と言う選択肢をあげてきました。



…手術で何とかなるなら、私も獣医さんにお願いしています。

でも、今の快にとって「手術=安楽死」に他なりません。



ひょっとしたら無事に目を覚まし、今より楽になって

闘病を続けることが出来るかもしれませんが、

それこそ「神のみぞ知る」こと…。



今の先生と出会う前に診て貰った先生の、

「どこ行っても同じですよ」と言う言葉に多少の怒りをおぼえ、

手術で亡くすくらいなら最後まで自宅で看病したい、

と言う思いもあって、私は今の闘病生活を続けています。



でも、快、いえ、多くの病気を患っている生き物にとって、

どのような選択が一番いいのでしょうか?



答えがない問いなのは、十分分かっています。



私が、もっと早く快の病状に危険性を感じ、対処できていれば

こんなに悩む事もなかったのかもしれません。



今は、自分の決めた事を曲げるつもりはありませんが、

飼い主としての責任を問われる立場になり、戸惑いが隠せません。

幼い頃から、動物と共に生活する事が多かったのですが、

初めて、一番の大きな選択肢を考えざるを得ない状況に立たされました。



皆さんだったら、手術での回復の見込みが無い子を抱えた時に

どのような決断を下されますか?






もぐもぐ


?3/14撮影。綺麗に写ってなくてごめんなさい。



バイトが大好きで、思わずチューブを鷲掴みしちゃうほど!

体に対して、手がでっかーいヾ(@▽@;)ノ

流動食をあげるときと、バイトをあげるときは、びっくりするほど

目をキラキラさせて「ずんずんずん!」と近寄ってきます。



-----
* 03:26 * comments(0) * trackbacks(0) *
| 1/2PAGES | >>