<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< であ とう ないーーぶヾ(。`Д´。)ノ | main | けったいないきもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
こ気味良い(笑)

昨晩のネットニュースでこんなの↓があって、ちょっと笑ってしまったんですが


犯罪予告検知のソフト開発へ=来年度予算で要求−通り魔事件受け増田総務相


それに対抗?したのか、今度は


犯行予告収集サイト「予告.in」公開 「0億円、2時間で作った」


なんてニュースが(笑)


行動力のある人ってのは、本当にこ気味よいことするなぁと感心してしまいました。




個人的には、犯罪予告検知ソフトの開発が無駄とは思わないです。


例えいたちごっこ(笑)になろうとも、予防できるのならそれに越したことないですし。


今ある科学技術の多くは、愛すべき変人たちが時間をかけて築きあげたもので、


無駄だと言われる物の中にこそ宝物が眠ってるものだと思っています。


(ロケット技術なんか、ホントに「月バカ」の成果だもんねぇ。)


ひょっとしたら、将来的にはすごい解析ソフトが出来て、しかも


「マイノリティ レポート」みたいな世界も実現しちゃうかもしれないし(笑)






リンしょろん
 リンにまかせるりょフェレット(!)


リンしょろんて、間の抜けた顔してるよね・・・








ただね、予算の使い方と言うかなんというか、少なくとも記事にある内容だけだと


「具体的なことはサッパリだけど、とりあえず予算組むか?」って感じがしてね。


「一応こんなこと考えてます」レベルで、思わず笑ってしまうわけなんですよ。


ニュースに書くには限度があるとしても、どうもコンセプトが抽象的で


「無駄遣いじゃねーか」的な声が上がってくるのも致し方なし、と。


「予算の使い方」に関するコンセプトが、もう一般人と違うんだろうと(ダメじゃん!)。


科学研究費関連の書類って、かなり具体性がないと箸にも棒にもかけてもらえない


もんなのだけど、ひょっとしてこの手の予算申請書を書くのって楽チンなのか??




そんな中で、方向性は全く違うにしても「犯行予告収集サイト」をコスト0で


立ち上げちゃう人がいるって言うのが、すごくウィットがあっていいなと。


自分はじめ、誰かのやることに文句言うだけなら簡単に言ってしまうけど、行動で


「それはちょっと違うんじゃない?」と意思表示できる人って言うのは立派ですよ。


関係者の方には、是非この事の意味を熟考してもらいたいもんですヽ( ´▽`)ノ




尤も、どんなに良い物も使い方次第で「駄ツール」になるんだけどね(落とすのか!)


いや、その辺は期待してますよ〜(^▽^;)







ハルしゃん
 結局、ヒト次第なフェレット(!)

奥が深いね、ハルしゃん。。。



-----
* 18:35 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 18:35 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://cathode-jm.jugem.jp/trackback/391
 トラックバック