<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< せっかくなので・・・ | main | 皆様の力を借りる時が来ました。(転載記事) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
メディアが現地に入りました。(転載記事)

反響がないので少々しんどいのですが、先日から何度か転載した


ペットブームの裏側で殺される犬たち
の経過報告です。


例によって、レイアウトのみ改変しています。




今日までの経過は、転載元の「開業獣医の独り言
」にて報告されています。


そちらも併せてご一読いただけたら幸いです。




いよいよ本格的にメディアが動き始めました。


ペットや動物に関わる、多くの痛ましいことを防ぐための


布石となる大きな事柄だと、私自身は考えています。


出来るだけ多くの方に見ていただけたらと思っています。






━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─転載ここから━─━─━─━─





昨日は新聞社、本日はテレビ局の取材が入りました。




現地まで案内し、私はそのまま子供とマクドナルドへ・・・。

取材はすべてメディアにお任せしています。




院内でもコメントの取材がありました。




子犬工場と化しているブリーダーに言いたいことは?

と聞かれました。




心の中では、命をなんやと思ってるんじゃぁぁぁ!ぼけぇぇぇ!!




と叫んでいましたが、冷静に・・・。




一般の方々の価値観で、嫌悪感を抱かないような方法での

交配をやっていただけたらと思います。




とだけ言いました。


ブリーダーには、今回問題となっているようなタイプと

、シリアスブリーダーと呼ばれるタイプがあります。

後者のほうは本当に真剣です。そして、知識も豊かです。




本当は、ショップで購入する際にも、その犬がどこの生まれかを

確認してから購入してほしいんですよね。安いからいいだろうと思って、気軽に

ショップから購入している人も、このような子犬向上の経営に一役買っているのです。




だましやすい消費者をうまく使っているなぁと思います。

本当にだまされない飼い主さんになってもらうために、獣医師がもっと

情報公開を進める必要があるのかもしれません。悪いのは、

決してブリーダーだけではなく、そのようなことを助長している消費者もそうですし、

目を背けてしまっている獣医師も悪いのだと思います。


今から変えていかないといけません。




残るは、テレビ局と、新聞社数社。

さて、どう動くのでしょうか?




今日もお願いしましたけど、崩壊されると、広島以上の頭数になります。

過剰な煽るような放送は避けていただくようにお願いしました。




しかし、今回の放送局さんは本当に熱心なんですよね。




で、新聞社と放送局さんのどちらにも共通しての意見ですけど、




麻酔薬所持っていいんですか?




自分で帝王切開ってできるものですか?




という意見をいただいています。


じゃぁ、獣医の大学で教える手術の手技って、、、、

わざわざ大学に行かなくてもいいんじゃないか?ってすら思えてきます。




我々獣医師は、ほぼ100%の成功率で手術ができます。日々精進の賜物です。

いい加減な設備でやっているわけではありません。




そのブリーダーに、そんな設備があるのか?




繁殖に使われる犬はしょせん子犬工場の設備の一部で、

その設備に異常がある場合には、個人で修理してもいいという見解が

出た背景をこれから探るようにしたいと思います。




新たな戦いが始まりました





━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ここまで━─━─━─━─━─





記事転載元: メディアが現地に入りました。
(開業獣医の独り言
)




転載およびトラックバックはご自由にお願いいたします。






            →皆様の力を借りる時が来ました。
もご覧ください。

-----
* 19:02 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 19:02 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://cathode-jm.jugem.jp/trackback/404
 トラックバック