<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いつまでも、いつまでも | main | Recommend >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
がぶリン
リンしょろんは、噛みイタチです。

コソコソ リンしょろん
↑コソコソしているリンしょろん。
身軽なので、ビックリするような事をしでかしてくれます。



と言っても、人間は噛みません。
チビの頃は散々飛びつかれましたけど、不思議と噛まれた事は殆ど無いのです。
たまに間違って、歯が当たる事はあっても基本的には噛みません。
しつけた訳でもないのに大したものです(これは感心してます)。
むしろ、舐めイタチです(←塩分足らんのか??)。

だからと言って、布喰いでもないし、ぬいぐるみを噛んで破壊した事もありません。
おどろき?な事に、大抵のイタチしゃんが大好きな「消しゴム」にも興味ありません。
(誤食率の低い子です。そのへん安心)


じゃぁなにを噛むの?
と言ったら、これしかありません(ヒッパルなよ)。


ずばり
ハルしゃんイタチしゃん
です!


リンしょろんは、当時 札幌で1人暮らししていた私の元に来てからというもの、
先住イタチであるハルしゃんの事を「カプカプカプカプ」と噛みまくっています。

遊びの一貫なんですけど、子供の頃のリンはとにかく限度がなかったので、
ハルに飛び掛ろうとしている所を押さえつけて
「ハルしゃん!今だ!噛んでしまえ!!!」
と、教育的指導をお願いしたほどです。
(でも、ハルしゃんは毛づくろいするだけで…やさしい子じゃのう…)

当のハルしゃんは、リンが自分よりちびっ子だと言うのを分かっていたみたいで、
とにかく逃げまくって、反撃する事は殆どありませんでした。
大人になってからは ちゃんと反撃しているので、分別がついていたみたいです。
これまた、大したもんだなぁと感心してしまいます。

実は快ぼんも、うちに来て間もない頃はリンの噛み付きの被害洗礼を受けていました(^^;)
よく『うきゅきゅ〜』と鳴いていましたっけ…。
(この鳴きも、快が大きくなったら反撃に変わっていました。成長ってすごいねぇ。)

尤も、快ぼんへの噛み付き方は「そ〜っと忍び寄って…ハムッ!!」だったので、
ハルへの「あそぼー」とは違い、新入りに対して「なんじゃお前は〜噛んじゃる〜!!」
っていう『縄張り意識』的な感じだったようです。
自分よりもデカイちびっ子に、ビビっていたのかもしれません。




かと言って、リンが無差別攻撃をする破壊的テロリストかと言うとそうではなく、
チビの頃から噛み加減はキチンと分かっていたようです。
(むしろ、ちびハルしゃんのほうがクラッシャーだった…葬られたぬいぐるみが多々…(^^;)

実際、ハルしゃんや快ぼんの首元がよだれでベタベタになったり、皮膚がちょっと
赤くなる事はあっても、流血するような事は一度もありません(でした>快)。
それはそれで、大したもんなのかもしれません。


とは言え。
初めて『リンの食いつき』を見た人は、みな一様にビックリしています。
まぁ、そりゃそうです。

いきなり。おもむろに。
顔にがぶり〜
とか
耳にがぶり〜

なんてのを見ちゃった日には、普通ビックリしますよね(^^;)

実家に戻ってだいぶ経つので、今では誰も驚きゃしませんが、
東京にイタチと共に帰った当初(3年前か…?)は、父母、遊びに来た兄までが
「うぉっ堯陰ぁ;)!!」
と声を出すほどビックリしていました。




イタチと共に生活するようになってビックリすることも多かったけど、
お迎え話を含めて考えると「かなり平和」な方なんかなぁと思ったりします。

そして、相変わらずリンしょろんは、ハルさんにあまえ噛みしているのです(笑)

そんな二匹を見て、目じりが下がってしまう今日この頃…(元からかもしれんが…)
* 00:56 * comments(2) * - *
スポンサーサイト
* 00:56 * - * - *
 コメント
こんにちは〜

そういえばウチも、しつけには苦労してないような。。

やっぱりフェレも成長するにつれて、分かってくるんですね〜。
リンちゃん、ハルちゃん、お互いの性格が分かってるんでしょうね。

ほのぼのした風景が浮かびます。


かそーどさん、
リンクありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
** カズ * 2007/02/23 12:22 AM *
●カズさま
ご来訪、そしてリンクありがとうございますm(__)m
こちらこそよろしくお願い致します!

そうですね〜多頭飼いすると、特にその子らの性格が
よりいっそう分かるように思います(笑)
もちろん、その子たちがお互いをどう思ってるかも含めて。

放牧は同時だけれども、ハルリンを別居させていた事があるのですが、
その当時はハルがお寝坊なリンを起こしに行くという光景が見られました。
きっと、ハルなりに思うところがあったんでしょうね。

そう言う、ちょっとした環境の違いでも、行動が変わってくるんですよ。
お互いの事を思いやりながら、自分のやりたい事をやる。
それがフェレットなのかな?と思っています。

いつまでも、この平和な光景を見続けていたいと思う今日この頃です。
** かそーど  * 2007/02/27 4:02 AM *
 コメントする