<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
快のレメディースケジュール
スケジュールの前に、お約束事をいくばくか。



・エッセンスが染み込んだ粒を、直接手で触れないこと(ワリバシなどを利用)

 →せっかく染み込まれたエッセンスが変性してしまうらしいです。

・レメディは、ミネラル水(水道水不可)で溶かすこと。

・投与(食餌)後、別のものを飲ませる際は、最低20分は間隔を置く事

・エッセンスが染み込んだ砂糖粒を、パソコンなどの電磁波の

 影響を受けやすい所に置かない事
(これが、かなりムツカシイ…)

・効果が出る前に、一端症状が悪化する事があるこ事。

・ペットにホメオパシー療法を出来る医師が、とても少ない事。



以前の「快の闘病」ブログでも書いたことですが。



フェレットの場合チョコチョコご飯を食べているので、

食餌前後20分と言うのは、あまり気にしなくていいそうです。

でも、療養食を食べさせているので、その前後は飲ませないようにしています。



以下が、レメディのスケジュールです。



・1粒のレメディを溶かして投与(朝)。

・いつでもいいので、3滴/Day飲ませるレメディ(水溶液で処方)。

・1日かけて、ゆっくり飲ませるレメディ。

・月曜と木曜の夕方に飲ませるレメディ

・レメディじゃないけど、アガリクスを0.5ml/Day。



以上です。



しかし、快の場合、下痢止めとステロイドを前病院で処方されているため、

すぐに西洋薬を止める訳にはいかず、これらの薬の投与と、

流動食もスケジュールに含まれるので、結構忙しいですヾ(@□@;)ノ



…私が忙しいのはいいのですが、このスケジュールで快の

体調に影響しないかどうか…それが、大きな不安の1つです。



ちょこちょこ、ケージから引っ張り出すとストレスになりかねないので、

夜は布団をしいてから、快には布団にもぐってリラックス状態に

なってもらって、ゆっくり時間をかけてレメディをあげています。



本当はケージを分けて、介護しやすいようにするべきなんでしょうが、

ハルリンがたまに、快と一緒に寝ているところを見たりすると、

そう簡単に「別居」にする事が出来ません。



皆。

しばらくは慌しいけど、我慢してね!

そして快!!

そんな若くに死んじゃったりしたら、許さないからね!!

せっかく、ゆだねられる先生を見つけたのだから、

今はレメディのスケジュールでワタワタしているけど、

絶対に良くなるんだからね!!

約束だよ!!!

-----
* 03:23 * comments(0) * trackbacks(0) *
快の調子
快の調子ですが、正直良くなってきてるのか、変わりないのかわかりません。



昨晩は、久しぶり?に吐いていました。西洋薬も暫くは外せないです。



で、ケージを掃除したのですが、吐瀉物が見当たらない…(?_?)

まさか食べたのか(@_@;)>快



元気になってるのかな?と感じるのは、出してあげた時に

少しイタズラをするようになった事と、レメディを飲ませる時の

「イヤイヤ」が多くなった事。



イタズラは、主に靴下ドロボウ。

そして、まるで捕まえた獲物を食べるかの様に、

幸せそうな顔してクチャクチャ食べる…(T∀T)

病気デモ、布クイハ ナオリマセンカ!!



全くもう…。



あ、バイトを見た時の「もっとくれ!」という目の輝きと行動もパワーアップしたかも?

きらきらお目め見たさに、ついついあげちゃうのです(^^;ゞ



ん? てことは、少し良くなってるのかな?

むーん…(?_?)



ホメオパシー療法を始めて、まだ8日しかたってないから、

じっくりと腰据えなくちゃいけないのに、あせってる自分がいるです。

-----
* 18:21 * comments(0) * trackbacks(0) *
通院2回目

今日は、2回目の通院日でした。



本日の快ぼん、結構調子良さげです♪

病院に行く仕度をしている間、鈴入りサイコロをくわえてふってみたり、

私の服を盗もうとしたり…(^-^;)

体重測定も「イヤイヤ」するくらい!

ここ数週間の快には見られなかった行動に、思わずうれし涙…(ノ_・。)



院長先生にも「今日は体調良さそうね!」と言ってもらえて一安心。

そして院長先生が「いい子ね〜、もうちょっとの我慢だから、

少し待っててね」と、快に語りかけ、とてもやさしくなでてくれました。

快ぼん、嬉しかったらしい♪院長先生の言うことは良く聞きます。

…あぁ、飼い主威厳なし(×_×;)



そして輸液をしたのですが、終わったあとに私が

「快、がんばったね〜♪」と声をかけたら…。

思いっきりにらまれました(T∀T)

し、しどいわ…(笑)



診察が終わった後、改めて先生が『がんばろうね!!』と

私、そして快に声をかけてくれました。

『快、先生ががんばろうって言ってるよ!良かったね!!』

と快に声をかけ、先生にお礼を言って本日の診察が終わりました。



調子の良かった快ぼんですが、さすがに長距離?通院で

お疲れのご様子(私も頭グルグルです(@_@;)



今日はゆっくり休もうね!




かいぼん


写真は、今年2/27撮影。

調子良さげにみえるけど、遊んだりはしません…。



-----
* 22:14 * comments(0) * trackbacks(0) *
Re-start 0302
3/2の通院から、カイの闘病は振り出しに戻りました。



西洋医学ではなく『ホメオパシー療法』という方法で治療をする事になりました。



ホメオパシー…



多くの方が、首をかしげる事と思います。

実際私も『…どういうものなんだろう…?』と、詳しい事は勉強中なのです。



病院から頂いた、簡単なチラシに書いてある内容を抜粋すると、



・ホメオパシーとは、200年前に確立された自然療法。

・何らかの原因で弱ってしまった自然治癒力に働きかけ、

 症状を押し戻し、本来の健康を取り戻す療法。



だそうです。

アロマテラピーやフラワーエッセンスと共通するものかもしれません。



小さな砂糖粒(5mm位?)に、植物などからとったエッセンスを染み込ませて、

それを決められた要領(朝、晩、または1日かけてゆっくり)で飲ませます。



ホメオパシーが万全と言う訳では無いのですが、手術が無理な子や、

副作用などを懸念する方などには、西洋医学と併用する事が出来る

安全性の高い療法
なのだそうです。



ただ、厄介な部分もあります。

・エッセンスが染み込んだ粒を、直接手で触れないこと(ワリバシなどを利用)

 →せっかく染み込まれたエッセンスが変性してしまうらしいです。

・投与後、別のものを飲ませる際は、最低20分は間隔を置く事。

・エッセンスが染み込んだ砂糖粒を、パソコンなどの電磁波の

 影響を受けやすい所に置かない事(これが、かなりムツカシイ…)

効果が出る前に、一端症状が悪化する事があること。

ホメオパシー療法を出来る医師が、とても少ない事。



こんなところでしょうか。



一端症状が悪化する、というのは漢方などでもあるのですが、

今のカイはかなりよわっているので「効いてるのかそうでないのか」が

わかりにくく、ただただ見守るしかありません。



今もカイは、だるそうにしながら寝て過ごしています。

でも、自分でご飯をたべるなど、自発的に行動しています。



がんばれカイ!

-----
* 04:16 * comments(0) * trackbacks(0) *
捨てる神あれば…(06/03/02)
==============================================

かしょーどかぁしゃんへ



今日もまたお出かけ?

ぼく、もうつかれたぢょ…。

昨日は、すっごく痛かった。

ぼく、あんまり行きたくないぢょ。



って思ったけど、なんだかいつもと違う気がしたぢょ?

なんだろう?バイトもらえたからかな?



病院は怖かったけど、かぁしゃんよりも

かぁしゃんみたいな人、見つけた!

だから、待ってる間もいい子にして一杯ご飯食べたぢょ!

『頑張らなきゃ!』って言われたから、チックンも我慢したぢょ!!



僕はえらいのだ!



でも、帰りにご飯入れの中にウンチしちゃってごめんちゃい。



かい

==============================================





3/1の通院で、すっかり意気消沈してしまい

『なす術がないなら、もう通院はしない。

出来る限りストレスのない環境で、安心して過ごして欲しい』

と、心から願った。

通院からの帰り、自然とこぼれてくる涙を拭くのが大変だった。



せっかく「いざ出陣!」と可能性を求めて、ホームドクターが

お勧めする病院に行ってきたのに、結論は変わらなかった。



期待しすぎていた自分が悪いのだけど、ドクターの何気ない一言。

『3cm位の大きさのしこりがありますね(エコーの結果)』

『どこの病院に行っても(結論は)同じですよ』



…なんだか真っ暗になった。

私にはもう、してあげることも無いのだと。

ただ『もし手術をするなら、出来るだけ早いほうがいい』とだけ。



ハイリスク、ローリターンで快を亡くすくらいなら、ハルリンと

同居ケージのまま、ぬくぬくしながらすごした方が良いと思った。



それでも病院を探している自分がいた。

何でも良いから『支え』が欲しかった。



そして、大半の先生がさじを投げるような状態の子を、

拾い上げようとしてくれる人を見つけた。

その先生の所へ行く事を薦めてくれた方もいた。



快に

『1才? まだ若いんだから死んじゃダメよ』

『がんばろうね!』

と言ってくれた。



すごく嬉しかった。

その、快への一言だけでも救われた気がした。

待ち時間は長かったけど、安心して快と共に待っていられた。



…でも、いくら最後の患者だからって、靴履き変えてる最中に

玄関を消灯するのは勘弁してくださいな…。

-----
* 04:11 * comments(0) * trackbacks(0) *
長い1日…
==========================================

快ぼんへ



今日はお疲れ様。

片道1時間半もの道のり、よく頑張った!

検査もちょっと痛かったのに、よく頑張った!!

ホメテつかわすじょ。

行く途中で、少しバイトなめたから頑張れたのかな?



家についたら、まずトイレ。そしてご飯。

律儀なやつめ。



もう少ししたらご飯の時間だから、おなか一杯食べようね!



かしょーどかぁちゃんより

==========================================



1歳2ヶ月になったばかりの快は「リンパ腫」を患っています。



今年の1月中旬頃から、下痢と嘔吐が続き見る間に痩せていきました。

治療で下痢と嘔吐は改善しても、体重・体調が良くなる様子はなく、

常に一進一退していました。



そして2/19の診察で初めて。

ようやく。



危篤状態を乗り越えた2/19の診察で、初めて腎臓の横に同じ位の

大きさのしこりがある事が、触診で分かったのです。

触診でも十分です。間違いなくリンパ腫。



下痢が良くなっても、体調が改善しない原因がつかめました。



既に体力が落ちすぎていて、手術も抗がん剤治療も出来ません。



でも、ものすごく頑張っています。

今横のケージの中で、ちゃんとトイレで用を足し、

自ら固形ご飯を食べています。



ゆっくりでいいから、これからもカイと共に歩いて行きたいと思います。

-----
* 23:08 * comments(0) * trackbacks(0) *
<< | 2/2PAGES |